忍者ブログ
2017.12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 11月
next : 01月
「眼鏡を愛でる館」に改名検討中。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

凛ちゃん役ヤスカ君のウエストサイズが62cmな件について。
細すぎじゃね?(笑)
ミュの役者さんたちのプロフを見るとスリーサイズを載せている人が結構多いので、いろんな人のを見てたんですけれども。
ヤスカ君がダントツにスマートでした。
確かに舞台で見たときも「足細!!」って思ったもんなあ。(第一印象がまずそれ)
彼は女性物のMサイズの服が入るそうです。すげえ。(私はすでに着られませんorz)


だいぶ体調もよくなってきましたまりんです。
このまま復調してくれるといいんですけどー。

えーっとひとついいですか。
山吹中テニス部の副部長は千石清純じゃないんですかね?
40.5巻にあろうことか「東方雅美」って書いてあるぞコラァ!!
これ書いたの誰だっ!!!
責任者出て来い~~~!!!!(怒)
清純は副部長だから抽選会場にいたんだろ!!関東も全国も!!
適当書くなっ!

ぜーはー。

きっと清純のことだから、学校に提出する書類に書いてある自分の名前のところをコッソリちゃっかり書き直してしまったに違いない。
でもそのへんはきっちり顧問の伴爺に見つかって後で訂正されて清純は副部長職からは逃れられないんだ。きっとそうだ。
と、思うことにしました。
誰がなんと言おうと清純は副部長さんです。

それだけ言いたかった。またあとで。

--------------------------------------------------------------

戻ってきました。

さて。
甲斐君代役の今井君の評判、どこを見ても中々にいいようで一安心。
もともと小劇場で即興劇などもやっていた方のようですので、舞台への対応力は期待以上かも知れませんね。
何公演やるのかはわかりませんけど、がんばってね!
それこそ篠谷君が戻ってきたとき「くそーっ!」って思うくらいにさ。
ちなみに兼崎君やアイル君と同級生(1984年生まれ)です。

それから鎌苅君、今春からブログ再開の目処が立ったそうですね!
復活も近そう!
わー、うれしいな~~~!!!
ケンケン早く帰ってきてね!楽しみだっ!


さて、今日はずーーーーーっと以前に回していただいた「キャラクターイメージソングバトン」に回答します。
実は3ヶ月前だったりします・・・(爆)
ほんとすいません(切腹)
お付き合いいただけるなら、下からどうぞ~。

『キャラクターイメージソングバトン』 
 

1.好きなキャラクターやカップリングを5人(組)教えてください 

相(愛)変わらず
佐伯虎次郎・木更津淳・不二周助・千石清純・宍戸亮だ。文句あるか!
とはいいつつ、今回は不二君の代わりに跡部君を、宍戸君の代わりにだーねを入れます。都合上(笑)。


2.そのキャラクターやカップリングに対してお持ちのイメージソング、そして思いの丈をそれぞれ教えてください 

・佐伯虎次郎:「突然/FOV」

まるなさんは「DanDan~」のほうが佐伯君っぽいって言ってたけど、個人的にはこっち。つか、こっちのほうが好きだから(「DanDan~」のほうも好きだけども。)。
あと同じFOVの「この街で君と暮らしたい」とか「迷わないで」も佐伯君って感じがします。
歌詞の内容もともかく、ほんとに佐伯君(織田さん)が歌っているとしか思えない声質の近さがもう本当に!無条件にドキドキします(末期)。
(余談ですが、FOVの歌の中で一番織田さんの声と似てる気がするのは「セピア」だったりします。)

・木更津淳:「贅沢なペイン/大江千里」

なんというか、特に曲が。
「つまらなく他人に戻りたくない」なんていう歌詞もね、別れ際の葛藤みたいなのがなんとなく六角を出てルドルフに来たときのあっちゅんの心境と重なるような気がして。
この曲聴いてると、泣きたくなってくる。
なんとも言えず切ない。

それとマッキーの「雷が鳴る前に」がなぜだかとてもあっちゅんぽい気がするのですが。
土砂降りで雷がなる中、傘も差さないで公衆電話から彼女の声を聞くために電話する。
『土砂ぶりだよね?傘は?』「傘持ってないんだよね。でももうびしょぬれだから別にいいやって。君の声聞くのが先。」なんて、そのなんともいえない無頓着さがさ!
で、彼女が驚いて傘持って迎えに行くの。それがいい。そうしたい!(願望かよ(笑))

・跡部景吾:「CROSS WITH YOU」

彼の最初のキャラソン、かな。
これが私の彼へのイメージを決定付けたのでどうしてもはずせない。
この曲聴いたとき、なんかものすごいいろいろ設定が浮かんできちゃって(笑)。
実は親にテニスをやることを反対されてるんじゃないかとか。
親はたしなみ程度にやればいいと思って教えたら、思いのほか息子が入れ込んじゃったとか。
そんなことがあるんで、どこかのテニスの大会で優勝して「将来プロになりたい」とか父親に言って(なにしろイギリスにはウィンブルドンがあるしね!)大喧嘩になって(親は事業を継がせようと思ってるから)、頭にきてその時の記念の写真を自分で破いちゃったんじゃないかとか。
勉強その他、氷帝で一番でいることを条件に学生の間だけテニスやる許しを得ていて、だからTOPにこだわってるんじゃないか、とかetc。

まー、勝手なMY設定が出てくる出てくる(笑)。
だからべ様といえばやっぱこの曲。

・千石清純:「行くぜ!/テニミュ山吹公演」

清純っつーと、この曲をなぜか思い出す。
なんでかなあと考えたんですが、山吹ミュの時にこの曲の間奏部分でシルエットで和田清純が虎砲を打っている場面があって、それがものすごい本物で(日本語変だな)大変印象に残ってるから、だと思う。
だーねほどじゃないにしろ(笑)あのときの清純は体格から筋肉のつき方までホントに衝撃的だったからなあ・・・。
あと、TUBEの曲で「これ清純っぽい!」っていうのがあったんだけど、題名思い出せず・・・(爆)
残念。

・柳沢慎也:「TWO MOONS/槇原敬之」

なんかね。普段エッチなこととか言ってたりする割に、いざ彼女となるとなかなか手を出せない奴に違いないと思ってるんだよね。だーねってさ(笑)(そんなところがかわいい)
この曲は、彼女を送った帰り際沈黙しちゃって、それを冗談言って紛らわせて別れるんだけどほんとはキスしたかったって歌で。
そんなところがなんだかだーねって感じするんだよね~。
で、その後「てっぺんまでもうすぐ/槇原敬之」につながるの。
デートの最後に観覧車に乗ってそこで初めてキスするってやつ。
あー、なんてかわいい奴!!(笑/妄想もたいがいに。)


3.最後にこのバトンを5人に回してください 

すいません、置き過ぎて発酵してしまったのでアンカーで・・・。


sawaさん本当にすいません・・・(土下座)
こんな感じになりましたがいかがでしょう(汗)



キャラソンで思い出したんですけど、蒼依さんがプレイしているっていう「ムスコ育成」ゲームに織田さんが出演していてしかもキャラソンが出ていてその上(長い)今度2月にやるイベントで歌うんだって?
何ですってえ~~~~!織田さん歌うのー?!
イベントでの生歌を非常に心配しているようだったけど・・・。
織田さんなら大丈夫だと思うけどな。
いいなあ、織田さんの歌聞きたいなあ。
100曲マラソン当たらないかな~~(涙)
PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"まりん" WROTE ALL ARTICLES.
Photo by