忍者ブログ
2017.08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 07月
next : 09月
「眼鏡を愛でる館」に改名検討中。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ろく、しち、ハッキリクッキリ、東芝さん。
グッ!
って言ったら、旦那に「古っ!」って言われました。
そもそもお前が出だしを歌ったんだろ!ということで、一発かましておきました。
ちなみにこれ歌えた人はまりんと同世代です。
ここに来ている人の大半はわかんないだろうけどねえ(笑)(昔にやっていた東芝のCMなんですよ。)


悪役3人衆とドクロベエの声が30年前と全くといっていいほど変わっていないのが凄いなあと、感動しましたまりんです。
あ、月曜日にはじまった「ヤッターマン」ね。
内容は完全リメイクでしたけども、「全国の女子高生の皆さん~」がほんとなんか懐かしくて笑いました(笑)
惜しむらくはナレーターが富山さんじゃなかったことかな(当たり前だけど)。
「ブタもおだてりゃ木に登る」だけでも富山さんがよかったなあ。
ちなみにナレーションは山寺さんでした。
山寺さんは確か他にも富山さんがやっていたキャラをいくつか引き継いでるんじゃなかったっけ・・・?


いま基本的にお絵かきをするときはフォトショを使用しているんですが、実はイラストレーターっていうソフトも持っています。
こっちのほうが機能はいろいろ上らしいです。
ただ、前のPC、このイラストレーターを起動しただけでフリーズするっていう事態によく陥っていたので(爆)使えなかったんです。
それが、やっと日の目を見ることに~!
まだぜんぜんどうやって使うのかもわかりませんけど(笑)
しかも、バージョンが古すぎて説明書が売ってません。
古本屋で「おお、あった!」と思って買ってきたら、もっとバージョンの新しい奴だったというオチが(確認しなされ)。
まあ、基本は変わらないと思うのでそれみて少しずつ勉強したいと思います。
だからといってイラストがたくさんUPされるようになるかというと、それは違うんだな(当たり前だ!)。
精進します。


拍手レス
>14日 sawaさん
メッセありがとうございます~。そしてバトン遅すぎですいません・・・。
私も山吹ミュからはまったクチなので、やっぱりこの曲には思い入れがあります!
(いまだに朝起きるときのアラームに使用してるくらいで)
あのときの清純は本当にかっこよくってすごかったですよね!
でもブキミュを見に行ったおかげで今楽しい思いをしています。
私は本人が極端な性格をしているせいか(笑)、創作も音楽もこういう穏やかなのに惹かれる傾向にあるようです。
一種の無いものねだり?ですかねえ・・・。



そういえば、私、あんまり女の人の曲って聞かないな。
いえ、ぜんぜん聞かないってわけじゃないんだけど。
遊佐未森さんとかMyLittleLoverなんかは大好きでリピートですし。
でも圧倒的に男性の歌手の人のほうが多いです。(最近は特にその傾向が強い気がする。)
うーん、やっぱりこれは声に起因するのかしら。
そもそも女の子らしい可愛い歌詞にあまり共感を覚えないっていう時点で、女性らしい感情が一部欠落してるのかな。
まあ昔から「男に生まれればよかったのに。」とよく言われてたしね(笑)
恋愛色薄めのドリや友情小説を書きたがるのもその辺に原因があるのかもしれんねえ。
のわりに、2次元でも3次元でもキャーキャー言いすぎだろ!と突っ込みも聞こえてきそうな(汗)
もしかして2重人格?(笑/今更)


さて本日は愛美ちゃんから回してもらった(サンクス!)「愛の試練バトン」に回答です。
「だーねか中の人」という指定でしたが、みっちゃんでは妄想しにくい(笑)のでここはだーねで行きます~。
ではではお付き合いくださる方は下記よりどうぞ。

『愛の試練』バトン

指定:『柳沢慎也』


■1:箸がうまく使えない「柳沢慎也」


や、普通にありそうじゃんこれ。
で、寮の食堂とかでご飯食べてるときに毎日観月君にお箸の持ち方を注意されるんだよ。きっと。(彼は完璧に違いない)
サトイモの煮たのなんかを「こら、待てだーね!」とか言って、ずっと皿の中でお芋を追いかけ続けてればいいよ!(大笑)
で、見るに見かねたあっちゅんが「こうすればいいじゃん。」って横からブスッってさしてだーねの口の中に押し込んじゃうんだよ。
想像しただけで可愛すぎる!!
(そしてそれを見て「さし箸なんて行儀の悪い・・・。」って観月君がブツブツ言ってるといい。)


■2:蝶々結びがどう頑張っても縦結びになる「柳沢慎也」

器用と思われるのに、蝶々結びだけがどうしても縦になる、とかだったら面白い。
で、テニスシューズの紐が同じ方向に縦結びだったらなお笑える。
なんとか練習してみようと思うんだけど、どうしてもできなくて・・・「なんでだーね?」ってなってたら可愛い。
私が結んであげるよ!


■3:スキップが出来ない「柳沢慎也」

自分がスキップだと信じて疑わなかった動作が実は違った、とかね。
で、それを誰かに指摘されて一生懸命本当のスキップをやってみようと思うんだけど、もう間違ったのが身についちゃってて出来ないんだよ、きっと!(笑)
「だからさ、慎也、こう右と左を交互に2回ずつ・・・。」「あー、もうわけわかんないだーね!!」とか混乱して足がもつれて転んでたら可愛いぞ(鬼)


■4:横断歩道の白い部分だけを渡る「柳沢慎也」

子供のころからなんとなくいつもそうする癖がついてる。なんて感じ。
だからはみ出して黒いところを踏んじゃうと気持ち悪いんだよ。きっと。
で、それを知ったあっちゅんとかノムタクがわざと横から押したりするの。
だーねが「何するだーね!!」って二人を追いかけて、それを見てる赤澤君は大笑い、2年生(裕太君と金田君)は苦笑、観月君は「子供か・・・!」って密かに眉間にしわ寄せてるといい。
そんなルドっ子を傍から見たい!(なんて幸せ)


■5:人見知りの「柳沢慎也」

そんなのだーねじゃない。
でも密かに初対面の人に「アヒル」と言われないかドキドキしてるんだよ。きっと。


■6:炭酸でむせる「柳沢慎也」

また派手にむせそうだよなあ、この人(笑)。
「一気に飲める?」とか誰かに聞かれて「こんなのヘでもないだーね!」なんて言って、調子に乗ってがぶ飲みしてさ、死にそうなくらい顔真っ赤になったりしそう。
「もうしょうがないなあ。」って背中さすってあげたいわ!


■7:毎日改札機に止められる「柳沢慎也」

スクールに通うときに、毎日のようにだーねだけ引っ掛かりそうだよね!(大笑)
「どーなってるだーね・・・。」とかブツブツ言ってそう。
でもってだーねの後ろから入ろうとした観月君まで巻き添えを食うんだ。(ついでにだーねに激突してたら可愛いと思います!)
「あなたのせいで僕まで!」とひどく機嫌が悪くなりそう。(はじめちゃんはそういう恥ずかしいのに耐えられないようにできてる)
で、理不尽に特訓させられるんだよ、毎回!(笑)


■8:口癖がぶっちゃけの「柳沢慎也」

別に違和感は無い。普通に使いそうじゃん?
ただだーねが「ぶっちゃけ」を連発してたらウザイ(笑)。
(それを聞いてイライラした観月君の怒りを買う確率100%。)


■9:猫を「にゃんこ」、犬を「わんこ」と言う「柳沢慎也」

実は結構使ってるような。
で、普段は言わないように気をつけてるんだけど、ふとした拍子(たとえば寮でテレビ見てて急に猫が出てきたりしたとき)に「このにゃんこ可愛いだ~ね~。」なんて言ってしまって墓穴。
「にゃんこ・・・?」という誰かの反芻と同時に場は爆笑。
しまったと思っても後の祭りなのです。
でもだーねが「にゃんこ」とか「わんこ」とか言うのすごい可愛いと思うんだけどなあ。どう?


■10:回転ドアに入るタイミングが掴めない「柳沢慎也」

基本は入れないことは無いと思うけど、話に夢中になっていて、激突してそう(危ないです)
しかも何回もやりそう(笑)


■11:何を思ったのか自主制作にはしる「柳沢慎也」

文化祭とかで映画なんかやり始めたりしてね!
意外に凝ったのとか作りそう。
でも彼の日常は基本テニスで埋まっているのでそんな暇は無いの。
そんな暇あったら私とデートしてください。(え)


■12:バトンを回す人&キャラ指定をどうぞ。

すいません、これも前過ぎて(12月(爆))どなたに回ってたのか忘れましたのでアンカーで・・・。
すいません。


愛美ちゃん楽しかったよ~(笑)ありがとう!
そしてこういうのやるたびに私はやっぱりSっ気があると思う。
しかもだんだんだーねへの愛が歪んできてる気がしないでもない・・・?


そう言えばみっちゃんが、ブログの書き出しに必ず『篠田の時間です』って書く理由を役者仲間の人に聞かれて、「癖みたいなもん。」って答えたそうですが。
違うよね、本当はね。
ジャックの時はひとつのブログに4人で書いてたから、わかりやすいようにそうやって書き出してたんだよね。
それを今でもやってるんだよ。
まあ確かに癖みたいなもんかもしれないけど・・・。
なんだか切ないね。
PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"まりん" WROTE ALL ARTICLES.
Photo by