忍者ブログ
2017.08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 07月
next : 09月
「眼鏡を愛でる館」に改名検討中。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のトプステのインタビュー記事見たらまるなさん怒るだろうなあと、今日買ったトップステージのミュの記事(キャスト4人(古川君・彼方君・中河内君・松崎君)のインタビュー)を見て思いつつ。
でもちゃんとわかってるなーって私的にはうれしくなったり。


彼方君に「だいぶ会ってなかったから会えてちょっと泣きそうになった」っていうリョウ君のブログ見て泣きそうになった(ややこしい)まりんです。
彼方君のブログにも同じような写真が「六角形」の言葉と一緒に載ってた。
なんだか嬉しいぞ。
リョウ君がそうやって六角のことも思っててくれるのが超うれしい!
はー、和んだ。
しかも今日は進藤君が見に行ったとか。忙しいのにねえ。偉い!
ちくしょー、もう一回六角形見てえ!!
次のドリライには(気が早い)是非是非是非!六角を6人で!!
お願いしますよ、片岡さん!

キャストのブログ見てると、今回ミュに出てない人のブログでも、あっちにもこっちにもミュのことが書いてあってキャスト同士の写真が載ってて、すごいよね。
なんだよ仲良しじゃねーか!!って、テニミュファンとしては嬉しい限り。
林野君のブログなんか、比嘉キャストに混じってなんか関係ない人がいっぱい写ってるし!(笑)楽しそうだよね。

17日は通君・心平君・リョウ君・桐山君・相葉君が見にいったらしいね。
通君なんて最後スタンディングとか書いてあったな(笑)
そんな盛り上がってる彼らを横から見てたいよね。
そんでもって相葉君、また見にいったんだ(大笑)3回目?
ほんとどんだけ好きなの~?
しかもヤスカ君が相葉君にダメ出ししてもらうとかなんとか・・・。
まあ偉くなったもんだわ!(笑)(kimeちゃんに散々ダメ出し食らってたみたいだからサ)
フッキーとかYOH君も相変わらず見にいってるみたいだし。
そうやって歴代のキャストが舞台を大事にしてくれてるから、こうやって続いてるんだろうね。
テニミュってすごいね。


ところで。
ファンにとっては、贔屓のキャラ・キャストの登場する量がすごく多かったとしても「もうこれでいい。」ってことは基本ないよね。
今回のミュの舞台。
私は佐伯君を目当てに見に行ったようなものなので、その予想以上の出番にビックリしつつも大満足で帰ってきましたが(もちろん満足したのはそれだけではないけれども)、たとえば今回feat.として登場の立海キャストを主に見に行った人はどうだったんだろう。
もしかして物足りなかったのかな?正直なところ。

立海は本公演2つとドリライとメインな感じで3公演続いて、「feat.」とはいえ、今回もちゃんと新曲もあったわけだけども、それでもやっぱりもっと見たい、もっと彼らに見せ場を!と、思ったんじゃないかなってさ。(そう思うのがファン心理ってものだと思うので。)
いや、もう、六角なんて常にそんな感じだけどさー(笑)、それでも何気にチームとしては5公演連続出演じゃん?
全然ファンじゃない人からしたら「もう六角はいいから」とか思われてたり?

いや、なんでそんなこと書いたかって言うと、あっちこっちいろいろなブログなんかで感想を書いてるの見てるけど、彼方君の出てる場面についてほぼスルーしてる人が時々いてね。
私としてはあんなカッコイイ佐伯君のことを書かずにはいられないから(笑)「え、なんで?なんでスルー?!」って思うけれども、その人から見たら別に彼が出てる場面なんて特にどうということも無いんだな・・・って思ったもんで。
今更ながらに、嗜好が違うと見方も変わるなって。
だからこそ、自分の気が付かないこととかいろいろ書いてあったりして、そこが面白いんだけど・・・、興味ない方もついでいいからちょっとだけ六角を応援してあげてください(笑)
シクヨロ。

ちなみに、私は立海が出すぎだと思ってるわけでも、もう出なくていいとか思ってるわけでもありません。だって立海も大好きなんだもーん。小野君カッコよかったし・・・v(結局はそこか!(笑))


拍手レス

>18日 ゆみよんさん

いつも感想ありがとうございます~!
楽しんでいただけたのなら幸いです。
今後もお付き合いいただけたらうれしいですv

他にも拍手ありがとうございます。



さて今日は、この下ほんと佐伯君の話ばっかりです。多分。
これでもかってくらい褒めちぎってるので、食傷気味になるかもしれませんよ?
よろしく。もちろんネタバレ含むです。ご注意。

まず、パンフレットを見たときに。
あー、彼方君帰ってきたんだな~って実感しました。
奈月ちゃんともメールしてたんですが、新しく始まったブログを見たとき、なんだか前より表情が柔らなくなった感じがして顔が丸くなったような印象を受けたんですけど。
全然そんなこと無かった。
稽古でウエイトが落ちたのかもしれないけどね。
全体的にシャープになった感じ。(素敵)



佐伯君初登場の場面は、抽選会会場の場面。
つっても通り過ぎるだけだけどね。
でも、なんか「舞台上に佐伯君がいた」って言うだけですでに鳥肌(笑)。

で、一幕後半。
佐伯VS甲斐戦で本格的にお目見え!
「あい?やぁーは行かんばぁ?」っていう甲斐君を「一つやり残したことがあってね」とネットを挟んで見据える佐伯君がね。
超カッコイイんです!すっごい凛々しいの!!(わかったから)
「わー、言った!」みたいに一人感動してました(馬鹿)
ほら、佐伯虎次郎って言えば「俺は抜けないよ」とか「ダメじゃん、俺をフリーにしちゃ」っていう台詞が有名?ですけども、六角公演の時はこの二つともなんだか試合中に埋もれちゃった感じが無きにしも非ずで。
(試合自体がかなり駆け足だったから!)
だから、「一つやり残した~」の台詞がきちんと独立してあったっていうのは、やっぱりうれしかったんですよね。
ちゃんと原作どおりユニフォームの襟も立ててあって、それがすごく戦闘モードって感じがしました。

その後、六角公演からずっと念願だったソロの曲が入りました。
もう最高だったんだけど!!
彼の歌声を存分に堪能できました。
ソロパートが一区切りすると、「六角臨時応援団」のみんなが入って来て口々に佐伯君の応援。
もうこの辺で泣きそうになってました(笑)

はっきり言って原作以上に応援団の存在にに感動したんですよ~。
今回、六角は出演がただ一人。
それがこの試合での佐伯君の「たった一人の攻防」っていうのを際立たせるのに、かなり効果的だったと思います。
でもその状況は、正直かなり寂しかった。
そこに青学のみんなが来てくれたもんだから、うわーって思っちゃって。
(そういえば原作ではこの場面で、ちゃんと手塚君らしき人が審判に許可取ってるのね!ほんと最近気が付いた。いかに原作の読み込みが浅いかわかる。)
歌の間に「彼らは一瞬で~」の台詞もちゃんと挟まります。(絶対CD買って聞かなくちゃ!)
その後歌の後半は青学レギュラーが全員参加で「ファイト佐伯!」って。
何これ、こんなにフューチャーされちゃっていいの?!みたいな(笑)

その間ももちろん試合は展開してますが、スコア4-6の通りポイントを取ったり取られたりの緊迫した感じがとてもよく出てたなと。
とても拮抗してる感じがしたので、負け試合(には違いないのだけれども)って感じがあんまりしなかったな。
それよりも感動が上回りました!
もう最後のほうなんて、涙が目の縁に盛り上がった(笑)
でも悔し涙じゃありません。

そして試合(歌)中の佐伯虎次郎といえば。
ポイントを決められたときに、ネット向こうを見たときのキッと結んだ口元とか、自分がポイント決めたときにグッと手を握る仕草だとか、青学の応援に小さく頷いてみたりだとか。
そんな細かい所まで、もう、彼方君ったら完璧だよ!
動きつつもぶれない歌声に、本当にソロがあってよかったって噛み締めつつ聞いてました。

で、不二君の「はやくオジイの所へ」の台詞で佐伯君がはけてしまった時は正直な所「あー、これで最後まで出番無いんだろうなー。」って思ってました。
今回はそれでもしょうがない所だったし。
なのに!
不二・河村のダブルスの試合途中。
舞台袖から佐伯君が~~~!!
うれしいのに、「え、なんで??」みたいな(笑)
こっち来て大丈夫なのか?見たいな事を聞かれて、「(容態が安定したから)剣太郎に任せてきた。俺はこの試合を見届けさせてもらうよ。」って言ってました。

この間もずっと笑顔はなし。
今までのどの公演でも見たことない表情でしたね。
彼方君はじめ六角の子たちは、けっこう原作に無い場面を演じる機会が多いような気がするのですが、それはやっぱりそれだけのことをこなせると、実力を買われて制作側から期待されてるんじゃなかろうか。
佐伯君は本来、青学VS比嘉の対戦中、原作ではベンチはおろか応援にもいませんよね。
一切そういう描写は無いわけです。
そこでいかに佐伯君らしさを出すか、いろいろ考えたんだろうなって思う。

すごく印象的だったのが、比嘉の子たちが挑発的な事を言うたびに青学2年生チームが突っかかりそうになって、それを厳しい表情で止めに入るところ。
桃ちゃんや海堂君を手で制止して、「ダメだよ」って感じで小さく首を横に振ったり何か一言二言言ったり。
彼がその場にいたら、たとえどんなに怒ってたとしてもあんな風にチームメイトたちを止めたに違いないだろうなって。
この場面、何気に何回かあるんで、これから見る方は是非ベンチにもご注目(笑)
それから、不二君の勝ちが決まったときだったと思いますけど(もしかしたら英二君だったかもしれない)、試合が決まったとき左手でグッと小さくガッツポーズしたんだよね。
なんかそういう仕草一つ一つがすごい「らしく」ってね。

それに今回は不二君との絡みが何回か。
古川君への感想?でも書きましたけど、不二・河村の試合が終わったあとの「応援ありがとう、佐伯。」「ああ。」のセリフに超感動!
わーん、仲良しじゃん~~~!!ってさ(笑)
それでなくてもあの二人、見目麗しいったら!!(そこ?)
トプステの記事でね彼方君が、「そういう描写が無くても(二人が幼馴染として)積み重ねてきたものからくる信頼関係みたいなのがあるんじゃないか」って不二君と佐伯君の関係性みたいなことを話してて。
やっぱりちゃんと理解してるじゃん!ってうれしかった。


試合が全部終わった後の全員での歌の時、六角中が一人ってこともありセンターで歌ってることもあって。
もう本当に、どんなサービス?(だから違います)ってくらい大満足。

とにかく徹頭徹尾男前な佐伯虎次郎のみなんで、佐伯君ファンの人は絶対に必見です。
その分「F・G・K・S」では楽しそ~~~な顔でしたね。
満面の笑み。
私が見た日は舞台から彼方君が降りて来たんですけど、最後あがる直前かな、舞台上のキャストの誰か(たぶん比嘉の誰か)にほんの小さくだけどウィンクしたの!
それが超カッコよくってもう倒れる寸前でした・・・。
幸せ一杯でしたよ!ほんと!!



しっかし、なんてまとまりの無い記事・・・。
みんなが嫌になって途中で帰る確率95%って感じなんだけど。
万が一最後まで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ほんとありがとうございます!

あ、そういえば、一緒に行ったうちの子が「彼方君が手を振ってくれた~っ!」って言ってたので、シバいときました。
そんなの私に振ってくれたに決まってんじゃんねえ!!(笑)

PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"まりん" WROTE ALL ARTICLES.
Photo by