忍者ブログ
2017.11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 10月
next : 12月
「眼鏡を愛でる館」に改名検討中。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

柳君はチェシャ猫という感じ。
と、某サイト様でうさ耳つけた柳君を見て思う。
テニスサイト様を徘徊していてたまたま通りすがったサイト様だったので、もうどこだったかもわからないんだけど(笑)

下の記事にあんなこと書きましたが、結局今朝は雲が多くてぜんぜんでしたね。
残念。
4日は晴れるといいなあ。
それと、この星空は横浜のものなので、夜明けが早い地域や緯度などでけっこう違うかもです。
参考程度にどうぞ。


さて、本日は朝から病院でした、まりんです。
ちっちゃい人の検診です。
でもってまた検査結果が微妙で・・・。
しかも今回初腎臓内科だったのですが、血尿の原因がどうしてもわからず。
(先生も首ひねってました。)
来月もう一回。
まあ、本人は至極元気です。
運動や食事の制限があるわけでもないし、薬が出てるわけでもないしね。
このまま落ち着いてくれるといいなと。


さて、久々に千春さんちで拾ったバトンなど。

自分の中での再確認も含めて書いてみたりする。
つづきよりどうぞ。

「レッツ書き手バトン」
★二つの項目のうち、好きな方を選んでください(小説の系統を選択する場合は、書き手として選んでください)
★ついでにその理由もお願いします。

・まずはお名前をどうぞ

まりんですー。

・ほのぼの or ギャグ

ギャグといって言えないこともないというようなのが2・3ありますが、ほとんどがほのぼのです。
ギャグよりほのぼの好き。

何をもって「ほのぼの」と言うかっていうのも難しいかもしれませんけどね。
私のようにもう中学生時代が遙か遠い昔となってしまった人間が書くこの手の話は、脳みその端から発掘してきた過去の遠い記憶&自分の理想と言うか希望(妄想)(笑)がメインになっておりますゆえ、現在の中学生や高校生あたりの方の認識とは大いにずれている可能性もあるわけで。
でもまあ読んでみて「こういうのってちょっと微笑ましい」と少しでも思っていただければ、それが『ほのぼの』するお話なのでは~と思ってまする。

そもそもギャグをスマートに書くってかなりセンスの問われる作業のような・・・。
ダビデの寒いギャグ一つひねり出すのに四苦八苦しているようでは無理っぽい。

・死ネタ or 悲恋

どちらも正直苦手。
うちのサイトには一つもありません。
お話の最初のページのト書きにもありますが、架空の話だからこそ、みんな(好きなキャラ)には幸せになってもらいたいと思うので。
ただ、どうしてもどちらか選べって言われたらやっぱり悲恋、かな。
悲しい恋をして死にそうに辛くても、そこを乗り越えたら新しい恋が始まることもあるのだし、生きていれば次があるって思える。
でも死んでしまったらそこで終わりですよね。
それに人の死って、思ったより周りの人の心を縛るものでもある。
もし自分がそういう話を書くとしてもそこまで心の機微を捕らえられないと思うから。

そういう話は読むのもちょっと苦手なんだけど、先日たまたま見たWEB漫画でいわゆる死にネタだったんだけど、ものすごく心にぐっと来る話があった。
PCの前で超泣いた。(なんでも泣きすぎ)
こういう話書ける管理人さんってほんと尊敬。

・表 or 裏

表だねー。
管理人はもういい年の大人なので、恋愛にそういうことは付き物だと思いますが、私は等身大の中学生(もしくは高校生くらい)の彼らが基本的に好きなのです。
中学生男子の頭の中なんて、かなりの割合でエロい話が占めてるとは思いますが(たぶんそれが普通。弟もご多聞にもれずベッドの下にその手の本隠してた(笑))それでも実際は好きな女の子と手を繋ぐのもいっぱいいっぱいだったりする子のほうが多いはず・・・だと思うので。
それに上の話と共通しますが、こういうのって難しいと思うんだよね~。
そもそも読み返したときに自分がこっぱずかしくなりそうでまず無理だと。
なのでうちはかなり健全指向(というのか)なはず。

あ、でもR指定の話、読むのは大好きですよー(笑)
要は読む分にはけっこうなんでもあり。最終的に良かったって思える話なら。

・短編 or 長編

ほぼ短編ばかり。
長編は無理。
多分自分が途中で飽きる(ダメじゃん)

・恋人同士 or 友達以上恋人未満

これ書くにあたって、自分の書いた夢をざっと見返してみたんだけど、やっぱり片思いと言うか友達~恋人未満みたいなのが多いです。
クラスメイトよりちょっとだけ仲良しで・・・みたいな感じとか、好きな人と今日は話が出来たとか、廊下ですれ違ったとか、目が合ったとか、そういうちょっとしたことで嬉しくなっちゃうような感じの時期が楽しいと思うんだよね~。
自分の中学時代って、そういうことを友達と話してるのがとても楽しかった気がするし。
恋人同士になってしまったらつまらないってわけじゃないけどね。
なんだか懐かしい・・・(遠い目)。

・腐れ縁 or 喧嘩友達

どーだろ。
どちらもうちのサイトにはないかも。
でもどちらが好きかといえば、腐れ縁、かな。
話を書くにしてもおそらくこちらのほうが書きやすいと思う。
ケンカ友達は距離感のつかみ方が難しい気がします。

・男主人公 or 女主人公

BL系の要素はうちには皆無。
ですので、女主人公ばかりです。
BLを否定するとかそういうことではないのですが、どうしても受け入れられないジャンルの一つなので・・・。
友情ってことならキャラ同士の話が好きだしね。

・BGMあり or BGMなし

歌を聴いてなんとなく話を思いつくってことはありますが、作業するときに聞きながらは無理。
それどころがせっかくの構想が歌詞に流されてしまう危険性が(汗/鳥頭ゆえ)
たとえ聞いていてもそのうち無音のヘッドホンをそのまましてたりする。
興が乗るとどちらにしろ右から左だし。

・後書きあり or 後書きなし

ひとことでも必ずあります。
話の中に自分で考えたバックボーンを必ずしも盛り込めない場合が多いので、ある程度説明したほうが読んでくださる方に私が何を言いたいのか伝わるのではないかと思うので。
ま、たまに言いたいことを書ききるために、後書きが異常に長いのもありますけども・・・(すいません。管理人の技量の問題が多分に(汗))
それに私が他のサイトでお話や絵を見る場合、何がしかあとがきや説明書きがあるほうが楽しいと思うタイプなので。

・フィクション or ノンフィクション

フィクション、時々ノンフィクション。
そもそも二次創作なので話自体はフィクションなわけですが、たとえば話しに付随して出てくることは出来るだけ事実に基づいて書きたい。
事実と矛盾がないように、がモットー。
たとえば、テニス関連のことについてキャラが喋るとすると、グリップの握り、練習の仕方、ガットの張り方などどれかひとつとってもそれが実際と大きく違わないように、とか、テニスで留学とかなった場合なら、主にどの辺の国でそれを受け入れているか、期間はどれくらいなものか、高校や大学でそれを受け入れてくれるところがあるのか、とか。
六角の子達がクリスマスイブにルドルフに遊びに行くって話を書いたときは、学校終わってから行くって話しだったので電車の時刻表まで調べました。たしか。
夜何時ごろまでなら電車があるかとかね。
「すいか」って話書いたときはローリングソバットって技についてネットで調べた記憶が。(←バネさんがダビデに突っ込んだ時に使った)
そんな細かいとこ誰も気にしてないと思うけど、なんか自分が消化してないと気持ち悪いんで。
でもってそんなことやってるから話一つ書くのにえらい時間かかるんだよね。たぶん。

・PC or 携帯

PCです。
フレーム使いまくりだし、携帯にはまったくもって優しくないサイトとなっております。
実際のところ見られないんじゃないかな・・・?

・下書きあり or 一発書き

基本下書きあり。
下書き専用のファイルがPCにあるのです。
それに思いついたセリフ・背景・場面などなどを適当に書き留めておく。
で、時々思い出してはそれを見る。
そうすると、思いがけず一気に話が降ってくることもある。ごくたまに(笑)
一発書きって絶対無理。

・一人称 or 三人称

最近はほとんど一人称。
でもサイト開けた当初の夢見ると、三人称のもボチボチ。
書き直したい・・・。

・思うがままに or あくまで原作に忠実に

二次創作って時点である程度思うがままにでは・・・?
でも設定その他は出来るだけ原作に忠実にをモットーとしております。
ずっと前にもどこかで書いた記憶がありますが、キャラが他の子達を呼ぶ時の呼び方、一人称(俺、僕、私等)や言葉の語尾、相槌の打ち方などは出来るだけオフィシャルで聞いたことのあるものを使ってます。
その辺はかなり気をつけるかな・・・。
イラストなら違うこと言っててもキャラの雰囲気って出せると思うけど、文字だけだとそういうのが違っちゃうと本当に別人になってしまう危険性があると思うんで。
だからと言って、私の書いてる彼らが必ずしも読んでいる方のキャラ像と同じとは限らないのでね。
どうしても受け入れられない方は、回避していただけるとよろしいかと。

お疲れさまでした!最後に一言と、回す方をどうぞ(何人でも)

ときどきこうやって自分の方向性を再確認するのも良いかと。
面白かったです。
これご覧になった方で興味をもたれた方、どうぞお好きにお持ち下さい。



リンクを修正中。
それにあたって乙女げーの創作サイトさんをリンクに加えようかな~と思ってます。
で、いろいろなサイトさんを見てるうち、ドリを読みふけってしまう罠。
超絶かわいいやぎかなを読んで、コルダ3をやりたくなったり。(←やり散らかしすぎです。)
PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"まりん" WROTE ALL ARTICLES.
Photo by